ゴーグルエース4thアルバム 「デンデケ・ロック・コンボ」
SZNM-1001 \2200(out tax)

2003.7.7 OUT!!!

ちょいとそこ行くお嬢さん!
ゴーグルエースを聴かずして
この夏その恋ドースルデ〜ス?!
(ザ・サーフコースターズ 中シゲヲ)

デンデケデケデケ〜!!! 電気ギターのトレモロ・グリッサンド
奏法がロックに鳴り響くエレキ歌謡〜ファズ全開のワイルド
GSサウンド!! コンボ・スタイルの格好いい和製HOTRODに
モダン・ガールは黄色い声をあげ、スカシた野郎はニヤリ顔をキメ込む!!
(2003年セルフ・プロデュース作品) ゲスト・プレーヤー:武内享ほか

〈収録曲〉
1.ライド・オン・ヤマハ
2.GO!GO!レンタカー
3.熟れたビワ
4.アン・アン・アン
5.第7ピカソ会館
6.チャールストンのプードル娘
7.のっぽのサリー
8.リバーブ・チェイス
9.俺たちゃバイク乗り(ゴー・ゴー)
10.秘密のトマト

******「デンデケ・ロック・コンボ」へのコメントをいただきました!******

なんて濃厚で爽快なアルバム!まるでライブを見てるような、そんな気にさせてくれる仕上がりにグッときた。行け、ゴーグルエース!時代がやっと追い付いたぜ!!!
【武内 享】

エレキってやっぱいつ聴いてもサイコーじゃん!日本人なら坊やもお嬢ちゃんも爺さんも婆さんもエレキでゴー・ゴーだろ?!テクノ?R&B?ハウス?何だよソレ、分かりづれーよ。
【大貫憲章】

エレキというが、これはレトロではない!新しいロックだ!GS&それ以前をベースに、スピード感は21世紀、この新しさは外人の方が早く気づくのだ。ステージは最高に面白い!アクション、ネタは必見!というわけでゴーグルエースに注目なのだ!
【サエキけんぞう】
 
なんだか高円寺や吉祥寺をバイク2人乗りして、アイス食べて腹下して、「もっとスピード上げて走って!」って言ってる感じ!青春!ああ、えりちゃんのビートは、腹がヒクヒクするよォー。リスペクト・ゴーグルエース様。これからもスサマジィーマジ音楽を!
【佐藤江梨子】

デンデケ・ロック・コンボ」は、いささか羽目を外しそうになる軽快なロックアルバムです。これを聴きながらハッチャキになって踊るのはあなたの自由。台所の片隅でも”デンデケ”楽しく踊ることが出来ますが、二人が向き合って踊れば、楽しいムードはウナギのぼりです。また、大勢が集って更に激しく”デンデケ”踊れば、楽しい雰囲気は一気に爆発することでしょう。
【コハ・ラ・スマート(バーレスク・エンジン)】

泳がないけど、暑い日は友達と海へ行って、パラソル立ててラジカセ聴きます。今年はビーチボーイズ「トゥデイ」とコレを持って行きたい。
【松石ゲル(ザ・シロップ)】

最近、忙しそうですね!これぞ芸能活動!しかし前作からのインターバルもそこそこにまたまた最高にイカシ(=レ)タロッキンサマータイフーン直撃ですぜ!!ここまで徹底したクールサウンドと独特の詩世界は、当然彼らのルーツミュージックをリスペクトしつつも、もはやこの辺の安易なジャンル分けを超越した2003年型オリジナルゴーグルエースサウンドと言っても過言ではない!
【古閑 裕(K.O.G.A RECORDS, ROCKET K)】

いち富士、に鷹、さんゴーグル!?
今回も絶妙のバランスですね〜素晴らしい!
【杉本和弘(ブルー・ホライズン)】

自分の中で数少ない大好きなバンドの新しいアルバムが出ます、絶対に買いましょう!
【戸山マサキ(行方知レズ)】

あれは2000年の暮れ‥ 師走の寒さ押し寄せる都内某所にて僕ははじめてゴーグルエースのライブを見た。歌 えるメロ、泣きのギター、踊れるビート、徹底したショーマン精神、そしてなにより かにより紅一点エリ嬢の氷の微笑‥この最新作も聴き終わったあと思わず「ニヤ リ」、まさに真夏の夜のカーニバル状態突入は間違いなし!しかもあれだよ!! ×××だよ!?ほんと有り得なかったね!×××なんてステージの上でやっちゃうな んて‥有り得ないよ!マジでよ‥【araki(BEAT CRUSADERS)】


ゴーグルエース・オフィシャル・ウェブ